あがり症には実況中継で自分を客観視する

◇ あがり症は治せます!
   自宅で短期間にあがり症を克服しましょう。

あがり症を克服する簡単な方法は、実況中継で自分を客観視する

あがり症を克服する簡単な方法は、実況中継で自分を客観視することです。
あがってパニックになっている自分を第三者として見て、解説するのです。

 

大勢の人の前で話をしなくてはいけないとか、ここぞという勝負の場面、
誰でもあがってしまうのは当然です。この緊張感を楽しむことができる
人はやはり大物。普通の人は心臓が飛び出しそうなくらいドキドキしますよね。

 

   

 

実は、このドキドキを落ち着かせるとっておきの方法があります。
それが、「ひとり実況中継」です。

 

自分の心や感情を第三者的な立場から客観的に見て(メタ認知)、
自分で実況中継します。

 

たとえば、今から、大切な発表をするとき。心臓がバクバクです。
そこで、もうひとりの自分がその自分を見て、アナウンサーのように解説します。

 

「おーっと、もう心臓がバクバクしていますね!このときのために
何日も前から準備をしてきました。思い残すことはありません。
あとは、この緊張を味方につけ全力でぶつかるのみですね。大丈夫!」
などという具合です。

 

自分を客観視できると、落ち着けるようになります。
人の脳ってだまされやすいところがあるので、プラス思考の言葉を
自分にかけてあげるのもいい結果につながります。