あがり症をなおしたい

◇ あがり症は治せます!
   自宅で短期間にあがり症を克服しましょう。

あがり症の克服法

生まれつき「あがり症」の人はいません。あがり症の克服法については、
いろいろな意見もありますが、まずはあがり症とは何なのかをきちんと
認識することが大切です。

 

あがり症は、生まれつきの症状ではなく、育ってきた環境によるものや
単なる体の癖と言えます。原因としては幼児期の情緒不安定やストレス
がもとになっている場合が考えられるようです。

 

このあがり症の克服には認知療法や呼吸法などいくつかの方法があります。
しかしその前に「考え方を見直す」ことが必要かもしれません。

 

あがり症の人は、自分に対して目標が非常に高く、物事を完璧にこなしたい、
みんなに好かれなくてはいけない、と思いこんでしまうタイプが多いのです。

 

たとえば、つまらない話をしてしまい会話がとぎれても「仕方がない」と
考えるようにすることも必要。そんなことは誰にでもありうることですよね。
そういうことは普通にあること、想定内としておき、そうなった場合に
どう切り替えるかを考えておく方が気が楽です。

 

あがり症の克服の第一段階は、自分に対する要求をほどほどにすること。
あがりそううな状況では、「肩の力を抜いて適当でいいや」と考えると
緊張の度合いが和らぎます。完璧じゃなくてもいいじゃないですか。

 

アガリ症を重く考えず、「あがってもいいや」と開き直ることも、逆に
あがり症克服の方法でもあるのです。いい意味での開き直りも大切です。

 

「あがる」ことが何回も続いて、何度も経験することによって慣れるのも
1つの手でしょう。誰だってあがるんですから、みんなと同じだと思うことも、
あがり症の克服方法でもあるのです。

自分に自信を持つ

あがるのは自信がないからかもしれませんね。
「自分に自信を持つ」ということも大切です。

 

たとえば、大勢の人の前で話をするとなったとき、
用意しておいた話の内容が面白かったり、説得力のあるものだったりと
自信のあるものなら、早く話したくなりませんか?

 

また、人前で歌を歌うとなったときも、たくさん練習して上手にうたえると
わかっていたら、どんどん歌いたくなるでしょう。

 

誰でも苦手なものがありますが、苦手なことでも
たくさん繰り返すことで、ある程度は克服できます。
いつの間にか不得意だったものが得意になっていたりしますよ^^

 

自信を持つには、十分な準備をする習慣をつけるといいかもしれません。
そして、いいシュミレーションをたっぷりしてくださいね。