あがり症と赤面症はなぜおこる?

◇ あがり症は治せます!
   自宅で短期間にあがり症を克服しましょう。

あがり症と赤面症はなぜおこるのでしょう?

あがり症と赤面症は、なぜおこるのでしょう?
人とコミニュケーションをとろうとするときに、あがってうまく
話せなかったり大量に汗をかいたり、真っ赤になってしまったり。

 

あがり症は赤面症を伴うことが多く、対になって発現することが
多いようです。あがり症と赤面症は対人恐怖症といわれることが
あるのですが、一般的には対人恐怖症ではなく、対人関係が苦手な
人ということになるでしょう。

 

対人恐怖症の症状ではあるのですが、あがり症や赤面症といわれる
場合は、対人恐怖症というよりは自分が人とのコミニュケーションを
とるのが苦手で失敗するのではないかと思いこんでいることが原因
とも考えられています。自信がないときなどは、とくに起こりやすい
のではないでしょうか。

 

まず、あがり症ですが、これは人とのコミニュケーションをとろうと
するときに、失敗しないようにとかミスをしないようにと必要以上に
緊張して、うまく話せなかったり汗を大量にかいてしまうという症状
ですね。

 

  

 

赤面症の場合は、誰かとコミニュケーションをとろうとするときや、
あるいはそのコミニュケーションを想像しただけで、顔面に血が
のぼり赤面症状が出てしまうわけです。

 

あがり症と赤面症は、医学的になぜ起こるのかは解明されていません。
ともに精神的な部分が原因であるとされていますが、どちらも自分
自身が思いこむことによって緊張したりすることが原因のようです。

 

あがり症の治療には薬を使うこともあるのですが、あがり症や赤面症
が自分の思いこみによって起こっているのだときちんと認識することで、
意外と簡単に解消することもできるのです。